文例では分かりやすくするために相続財産は現金120万円とします。

この文例では子と隠し子で相続分に差をつけています。

acrobaticon文例(隠し子を認知したい)

※文例を使用する際の注意点。必ずお読みください。


スポンサーリンク

自分で遺言書を作成したい方におすすめの本